母乳での授乳のすすめ

母乳は赤ちゃんを産んだ女性が皆出るとは限りません。体質などで母乳がでない人もいます。幸い母乳が出る方は積極的に授乳させた方が赤ちゃんにもお母さんにも良いことがたくさんあります。

母乳で授乳するということは大変なことも多少あります。生まれたばかりの赤ちゃんは3時間おきにおっぱいをあげなくてはなりませんし、人前で授乳することに気を使います。そして授乳のタイミングは短いのでなかなか預けることが難しいです。外出は短時間で済ませなくてはなりません。授乳回数が多いですし、歯が生えたら噛まれることもあるので乳頭が傷つくこともあります。お母さんが体調を崩したときには気軽に市販薬を飲むこともできなくなります。

しかし、母乳での育児はこれらのデメリットを打ち消すくらいの良い効果ががあります。もし、なんとなくという理由で母乳で授乳したくないと考えている方がいるならば、赤ちゃんとお母さんにもたらす良い効果を理解すると考えが変わることでしょう。

母乳はスムーズに出てくれればいいのですが、なかなか出にくい人もいます。おっぱいは妊娠中から乳首のおていれをして、乳房をマッサージするといいのですが、乳首を刺激すると子宮が収縮する原因になるので専門の方の指導のもとに行いましょう。質の良い母乳にするためにはストレスをためないことと睡眠をしっかることも必要です。それと母乳は血液が原料なのでバランスのとれた食事をすることが大事です。甘いものはできるだけ控えて和食を中心とした食事をとりましょう。

<特集>
授乳期に母乳が出ない。そんなお母さんにもお勧めしているハーブティーの通販サイトです →→→ 授乳 ハーブティー